2012年09月02日

公正証書遺言と津波

  先日,東日本大震災の被害者らからの法律相談データ(1000件ほど)をまとめるという作業をした。

  「両親が海に流され・・」「甥夫婦と子供が家ごと海に流された…」「新しく買った土地が海に沈んだ…」
  そんな悲劇的な相談の連続に改めて震災の悲惨さを思い知った。

  弁護士を続けていると,悲劇的な相談を受けても,同調しながらも一線を画し,その悲劇を自分の心に伝染させないようにできるようになる。
  それでも,1000件続けて,あまりに悲劇的な相談の内容を読んでいると,何ともいえないつらい気持ちになっていった。

  その中で驚いたのが,「遺言が海に流された」という相談が多かったことである。
  弁護士の回答は
  公正証書遺言であれば,公証人役場に保管されているから安心である。
  自筆証書遺言であれば,もうどうしようもない。
  というものである。

  公正証書遺言は,自筆証書遺言と異なり公証人役場が預かってくれるので紛失のおそれが少ない。
  そんなことを公正証書遺言作成のメリットとして,説明することはよくある。
  しかし,実際問題として,遺言を紛失することなど少ないであろうと思っていた。
  
  世の中何があるか分からないものだ。
  「死」という悲劇のために遺言を残すにもかかわらず,そのときに遺言がなくなってしまっていてはどうしようもない。

  多少の費用はかかるが,改めて公正証書遺言を作成する重要さを感じた。
  公正証書遺言は海に流されることはない。 

  (そう思ったが,いやいや今回のような大震災を経験すると,公証人役場自体や写し2通のすべてが海に流されてしまう可能性がないとはいえないと思った。そうすると,写し2通はできる限り,離れたところで保管しておくのが安全であろう)

弁護士ブログの人気ランキング で情報を探す。
 ↑クリックお願いします。たくさんの弁護士のブログがランクインをしており,様々な情報を探すことができます。
blogram投票ボタン
posted by 内田清隆 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 取扱事例から
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57948565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック