2013年12月30日

死因贈与契約の活用方法

 死因贈与契約というものがある。
 死亡した場合には一定の財産を贈与するという契約であり,遺言ととてもよく似ているためあまり活用されていないのが現状だ。

 しかし,死因贈与契約には,遺言とは異なるメリットもある。

一つは,手続が楽というものである。

 遺言は,厳格な要式行為とされる。そのため自筆証書遺言であれば,全文自筆で手書きしなければ無効になってしまうなどの複雑な決まりがあり,作成が面倒である。
 しかし,死因贈与契約であれば,印刷したものに押印するだけであり,手続は極めて楽である。
 「手が震えて字が書けない!でも,すぐに遺言を残したい!」というときに簡便な方法として用いることができる。

 また,公正証書にするにしても,遺言の場合には本人が直接公証人役場に行き,証人2名を準備しなければいけない。
 しかし,死因贈与契約であれば,より簡単に作ることもできる。体の不自由な方でも,安価で作成が可能だ。

より重要な点は,負担付死因贈与は撤回ができないという点である。
 遺言はいつでも撤回が可能であるが,負担付死因贈与の場合は,負担の全部またはこれに類する程度の履行をした場合には,原則として撤回ができなくなる(最判57.4.30)。
 介護などの負担をする代わりに,一定の資産を死後に受け取るということを約束することはよくある。
 その際に,死因贈与契約を結んでおけばより安心ができるということである。

 もちろん死因贈与には,デメリットもあるのだが,メリットも大きい。
 上手に利用していきたいものである。
posted by 内田清隆 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | よくあるご質問‐遺言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83470544
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック